めいうぇいウェイウェイ!

めいうぇいウェイウェイ!

ゆとり会社員のあたまのなか。

いい加減前に進まないと:新入社員の退職後の選択肢

どうも、めいうぇいです。

 

やっぱり元の職場には戻れない

 

休職して3ヶ月が経ちました。
本当は年明けから少しずつ職場復帰していく予定だったのですが、
やっぱりどうしても行けなくて、今も動けずにいます。

 

いつまでもこうしている訳にもいかないので、家族にも話して退職して新しい道を探す方針にしました。

 

ただ精神科の先生には「辞める?そんなバカなこと言わないで、いい会社なんだからきっちり休める制度もあるし、それを使ってゆっくり復職すればいい」的なことをずっと言われているので、足かせになっています(笑)

 

ま、判断するのは自分なので、あまり気にしない事にします。

 

そこで今回は新入社員が退職した後の選択肢をまとめてみました!

参考にして頂ければ幸いです。


・転職
・公務員
フリーランス

 

転職

まず転職です。1番に思いつく選択肢かなと思います。退職後に転職活動する場合はハローワークでの紹介も視野に入れますが、今回は休職中なので主に転職サイトや転職エージェントでの活動になるでしょう。


ちなみに僕は研修が終わって4ヶ月でダウンしたのでスキルもクソもないです(笑)
こんな人間を雇ってくれるところあるのでしょうか……

 

いやいや、弱音吐いてる場合じゃないですね。


そして会社に入るという事は競争社会に再び身を置く事になるという事。
会社同士はもちろん、社内でも出世競争、数字競争が待っています。


職場の人間はチームであると同時に敵でもある状態。

ゆとり真っ只中のめいうぇいは正直あの空気感が苦手で仕方なかったです(笑)。


とはいえ、正社員になれば会社が潰れたり、リストラされない限り生活は保証されますし、信用という面でもメリットがあります。

 

メリット:

・スムーズに決まれば毎月の収入は確保できる
・信用も得ることができる

デメリット:

・熾烈な競争社会が待っている
・職場の人によって雰囲気の良し悪しが左右される
・会社が潰れるかもしれない
・時間の拘束

 

公務員


続いて「公務員試験を受ける」です。


親イチオシの選択肢です(笑)。


就活してた頃は「そんなつまんねー仕事やりたくねぇよ!」と毛嫌いしていましたがw、この状況になるとアリなのかなと思えてきます。

一口に公務員といってもいろいろあるみたいです。その辺はよく調べて別の機会に書きたいと思います。


実家は福岡市なのですが、福岡市って割とアツいところで、高島市長が筆頭となってスタートアップカフェなどいろいろな取り組みを仕掛けていってます。
だから人気があるみたいです。近所の友人のお母さんからはその隣の市(春日市大野城市など)が意外と穴場だよ〜とオススメされております。

 

メリット:

・不況でリストラなどの心配がない。
・競争社会にうんざりしているあなたへ。
・働き続ければ給料も上がっていく

デメリット:

・つまらなさそう(仕事の内容的にもヒト的にも)
・サムライ型労働

 


フリーランス


1番気になってるのはココ、例えばこのブログを育ててプロプロガーとして生きていくとか、プログラミングやデザインを学んでwebデザイナーやエンジニアとして独立するとかです。


生半可な覚悟ではやっていけません全ては自己責任…生きていける保証は…ない……


ですが会社にいることもリスクではあります。


社外で通用するスキルが何もないまま会社が潰れてしまえば僕は路頭に迷うでしょう。

 

そしてフリーランスは上手くいけばその稼ぎは全て自分のもの。会社で大口契約をとってきてもせいぜいボーナスが上がるくらいで売り上げがそのまま自分に入る事はありません。

 

メリット:すべて自分の裁量で働ける、本当にやりたいことをできる。

デメリット:うまくいく保証も、うまくいかなかったときの保険もない

 

 

向き不向きはあるだろうけど、これという正解はない


今の僕が思いつく選択肢はこれくらい。何を選んでも正解はないんでしょうけど、でもサラリーマン社会はじきに終わるんじゃないかと思ってます。その時に生き残っていけるにはどうすればいいか、そこまで考えて選びたいと思います。

 

それでは!!